ようこそゲストさん

無能日記

2010/12/15(水) serversmanとsafesyncでwebサイト構築

はてブ 2010/12/15 23:55 その他poti

serversmanとsafesyncでwebサイトを構築してみるテスト


用意するもの

  1. ネットワーク環境 (NATの配下でもよい)
  2. PC(ノートPCでもたぶんandroidでも可)
  3. serversman@Desktop
  4. safesync

手順

  1. safesyncをインストール
  2. serversman@Desctopをインストール
  3. safesyncのキャッシュを有効にする (大分早くなるので)
  4. ZドライブにRootDir\MyStorage, RootDir\public_htmlを作る
  5. serversmanの設定でMystorageをZ:\RootDir\MyStorageにする
  6. serversmanの設定でpublic_htmlをZ:\RootDir\public_htmlにする
  7. serversmanの設定でpublic_htmlをインターネットに公開するにチェック
  8. serversmanの設定でアクセスログを出力のチェックを外す
  9. 適当なindex.htmlをZ:\RootDir\public_htmlに置く
  10. URLにアクセス http://serversman.net/ノード名/index.html

主な特徴

  1. WebDavにもなってるのでMacのfinderから見えたりする
  2. safesyncを入れておけばどこからでもWEBサイトの更新が可能。(Webdav経由でも可能な気がする、やってないけど)
  3. 他の人との共有ディスクとして使える(ウェブからアップロードできる)
  4. 共有ディスクにするか、ホームページをpublicにするかが排他
  5. safesyncそのものにもデータを共有する機能があり
  6. PCに障害が発生した場合も再構築が簡単
  7. ストレージに保存したデータはきっと安全
  8. ストレージに容量制限がない
  9. ドメイン名がダサい
  10. モッサリ感ただよう(重いのはsafesyncだよう)
  11. CGIとか。。。。websocketあたりでなんとか。。。

という感じ。
サンプルはここから、入れるひとだけどうぞ。
http://www.serversman.net/potixweb/index.html : webtop
http://www.serversman.net/potixweb/ : 共有ディスク
http://www.serversman.net:8080/potixweb/ : webdav接続
https://www.safesync.jp/LMFMKlxx/RootDir/public_html/index.h... : safesyncの共有リンク

追記1:
safesyncもdavできた(ブラウザからのアクセスはできない)
https://dav.safesync.com/

追記2:
linuxだとfuse-davfs2でマウントできる
sakura VPSでマウントしてみた
sakura VPSで容量無制限のストレージを手に入れた
これでかつる。

追記3:
かつるつもりだったけど。。
ファイルを書きこもうとするとwebdavから503が帰ってきて何も書き込めてない。
debugログ的にはHEADで404が返ってきて、その後PUTを送って503になる。
コマンドラインからddやって、すぐlsやると書けたように見えるけど、
実はキャッシュか何かがみえてただけだった。
読み込みとファイルのtouchとディレクトリの作成しか出来ない。。。
orz

追記4:
fuse-davfs2はだめだったけど、普通にdavとしては使えるのでcadaverで無限世代定期バックアップすることにした。

1: えーきち 2010年12月17日(金) 午後11時13分

おお・・・いいこと聞いた。サーバー余ってるから
今度インストしてみる。E3200に2GB