ようこそゲストさん

無能日記

メッセージ欄

2008年7月の日記

一覧で表示する

2008/07/26(土) 自宅ネットワーク

はてブ 2010/04/17 24:08 その他poti
ようやく、完成してきた。
後は監視系の設定のみ。

2008/07/26(土) zfsでraid

はてブ 2008/07/26 28:42 R&D(storage)poti
証拠にもなく、1Tストレージの続き

比較的コンパクトで静音なPCでraid6スペア付きをそれなりに安いコストでやってみる。

RAID6ができるRAIDカードを真面目に買うと高すぎるそこで、
RAID6相当のことができるFreeBSDのzfsを使ってRAID6スペア付きをやってみる。
購入リスト
-----------------------------------------------
  - 裸族のマンション         4000円      4000円
  - 裸族の頭                 3000円 x 5 15000円
  - 500G HDD SATA            9000円 x 5 45000円 - ZFSシステム用
  - 160G HDD STAT            5000円      5000円 - FreeBSDシステム用
  - power silentist S-450EB  9000円      9000円 
  - D945GCLF                10000円     10000円
  - メモリ DDR2 667 2G       5000円      5000円 - ZFS使うなら2Gあったほうがよさげ
  - mini-box M300           12000円     12000円
  - mini-box picoPSU-120     9000円      9000円
  - ACアダプタ               2000円      2000円
  - PCI LANカード or USB LAN 2000円?     2000円
-----------------------------------------------
                                       118000円
大体の概算なので、安いものを選べもう少し安くつく。
MINI-ITXのケースにM300を使っているが、Raid6をするだけなら
前面にUSBがあるようなものならなんでもいい。
全然もっと安いものがあるはず。

組み立てフェーズ
  • 1, 裸族マンションにZFS用HDDを全部差して裸族の頭をくっつける。
  • 2, 裸族のマンションの上にS-450EBをのっけて電源ケーブルを差す。
  • 3, M-300にD945GCLを取り付ける。
  • 4, M-300にpicoPSU-120を取り付ける。
  • 5, D945GCLにメモリをさす。
  • 6, HDDを取り付ける
  • 7, PCIにLANカードを取り付ける
  • 8, まだふたはしめない
  • 9, 裸族の頭から生えたUSBをおもむろにさす

FreeBSDインストールフェーズ
  • 1 FreeBSD 7-RELEASE以上をインストールする。ネットワークインストールのときはPCIにさしたLANカードを使う
  • 2 cvsupでstable環境にする。kernel,userlandの更新(約5時間かかる)
  • 3 PCIに差したLANを抜いてふたを閉める
  • 4 普通に起動すればOK
ZFS設定フェーズ
  • 1 どのHDDがdaXとになっているかチェックしてメモする
  • 2 /boot/loader.confに以下を書く
   vm.kmem_size=671088640
   vm.kmem_size_max=671088640
  • 3 zfs_enable="YES"をrc.confに書いて/etc/rc.d/zfs start
  • 4 zpool create storage raidz2 da0 da1 da2 da3 spare da4 とかしてpoolを作る
  • 5 あとは /storageにいろいろ放り込むだけ

どのくらい安定して動くかは継続検証中

2008/07/21(月) 自宅ネットワークrenewal

はてブ 2008/07/21 26:20 その他poti
自宅ネットワークrenewal中

とても面倒。